圧倒的成長の鍵「フロー」

圧倒的成長にはフローが必要だ。フローとは行動とそれに対する報酬というフィードバックが、究極的に短くなった状態である。

つまり、今やっている事自体が、楽しくて仕方がない、という状態だ。この状態になれば、圧倒的成長が約束される。もっといえば、成長はもはや関係がなくなる。それすらも単なる副産物でしかない。

自分の場合、どうだろうか。翻訳自体が好きなわけではない。翻訳はあくまで、日本語にはない知識を得られるからやっている。だとすれば、翻訳して知識を得るという快感、までの距離をどんどん短くしていけば、擬似フローの状態に入れるかもしれない。

つまり、戦略としては翻訳して得た知識を、もっともっと快感にすればいい。つまり、翻訳したそばから、それを味わえばいいのではないか。

今は、翻訳をしおわったあとに、その内容の学習をしている。そうではなくて、翻訳したそばから、それを味わえばいい。間違っていてもいい。その行為自体を愉しめばいい。

ちょっとやってみます。

http://www.sakaiku.jp/series/zone/2014/006800.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です