翻訳のコツ

翻訳のフロー

  1. まず15分かけて全体を読む。内容を理解する。
  2. 翻訳しやすそうなところから翻訳する。抽象的な内容が多い前半よりも、真ん中あたりの具体的なアドバイスのほうが簡単に翻訳できる。
  3. 冒頭が一番抽象的で、翻訳が難しい。
  4. ある程度、煮詰めて考えないと、適切な訳語が出ないので、まずは分かる範囲で翻訳していく必要がある。あまりこだわり過ぎると、進めない。

休憩に関するアドバイス

  1. 4ポモドーロ後、長めの休憩をとった後が一番効率的。ここで昼食を取るよりも、一気にやった方がいい。→7時に起きて一気に6時間やるのが良いかも。
  2. 休憩を挟むと集中力が下がるので、5分を守ったほうが、効果的。長めに休んだほうが再開しやすいと思いがちだが、あくと疲れる。
  3. 風呂にはいる前に、スタートしたほうがいいかも。

始める苦労を乗り越えるには

  1. 始めるのが一番問題。ボタンを押して、パソコンに文字を打ち始めれば、スタートできる。
  2. ご飯を食べると、眠くなる。風呂に入っても、スタートが難しくなる。
  3. 夜に始めるのは疲れるので、必ず午前中に始めるべき。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です