死者の書・口ぶえ / 折口 信夫 (1943)

〜NHK100分de日本人論〜のメモ

http://www.amazon.co.jp/dp/4003118626

折口 信夫

民俗学者、柳田邦男の弟子。同性愛者。コカイン愛用者。若い頃の恋人が若くして死んだ経験も影響がある。民俗学者としての日本の美感への造形の深さ、コカインによるドラッギーでシャーマン的な対象への没頭、同性愛者そして若いころの恋人が早くなくなった経験、これらが混じりあって死者の書を形成している。

ざっくりあらすじ

天皇家で実力もある主人公が政略で処刑される最後の日に見た少女への「最後の恋」と、少女の「最初の恋」。

登場人物

大津皇子(おおつのみこ)、663年生まれ

飛鳥時代。天武天皇の息子。国政を執行する有力者であったため、権力争いで兄弟から謀反の意ありとされ処刑される。その場で「耳面刀自」(みみのとじ、女性)を見て一目惚れ。その後、彼女の三代後の子孫「中将姫」の前に霊として現れる。

「耳面刀自」(みみのとじ)

藤原鎌足の「娘」。藤原鎌足とは大化の改新を行った人。

中将姫

「耳面刀自」(みみのとじ)の三代後の子孫。

 

ざっくり大化の改新

藤原鎌足と天智天皇で協力して大化の改新→強大な政治力を誇った蘇我氏を滅ぼし、天皇中心の中央集権国家を進める。

645(大化たいか1)年に始められた政治改革せいじかいかくのこと。中大兄皇子なかのおおえのおうじ中臣なかとみの藤原ふじわらの鎌足かまたりらが中心となっておしすすめた。

蘇我氏そがし打倒だとう 聖徳太子しょうとくたいしの死後,蘇我氏そがし勢力せいりょくを強め,太子の子の山背大兄王やましろのおおえのおうとその一族をほろぼすなど,天皇てんのう家をしのぐほどの力をもつようになった。中大兄皇子なかのおおえのおうじ(のちの天智天皇てんじてんのう)や中臣鎌足なかとみのかまたりらは,中国(ずいとう)で政治せいじや文化を学んで帰国した留学生りゅうがくせいとともに,天皇てんのうを中心とする中央集権しゅうけん国家の建設けんせつをめざし,645(大化たいか1)年に蘇我氏そがしをたおし,政治せいじ改革かいかくに着手した。

改新かいしん基本方針きほんほうしん 改革かいかく目的もくてき翌年よくねんだされたみことのりしめされ,

(1)公地・公民こうみん豪族ごうぞく私有しゆうしていた土地・人民じんみんを国家が直接支配ちょくせつしはいする),

(2)班田収授法はんでんしゅうじゅのほう戸籍こせきをつくり,公地を公民こうみんに分けあたえ,死ぬと国に返させる),

(3)国郡制度こくぐんせいど(全国を国とぐんに分ける),

(4)調ちょうよう税制ぜいせい公民こうみんぜい労役ろうえき負担ふたんさせる)などを定めた。この改新かいしんみことのりは,のちの律令りつりょう国家の出発点をなすものであったが,これが実現じつげんするには,なお数十年の年月を必要ひつようとした。

【引用】http://kids.gakken.co.jp/jiten/4/40022260.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です