斜陽

もし太宰が生きていたら、2014年の現代青年についてどう書くだろうか。昭和最高のインテリサブカルクソ野郎は。きっとヴィレヴァンにいくに違いない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です