ピアノの歴史

ピアノの歴史は同時に、音楽理論の歴史でもある。

ピアノには最初、白鍵しかなかった。つまり黒鍵はなかった。しかし、変化記号「#や♭」が音楽上必要となるにつれて、ピアノにも黒鍵が増えていった。

声やバイオリンのように音程を自分では決められないピアノという楽器は、当代の音楽的認識と合致した構造を持っていたのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です